TOEIC

国家試験の通訳案内士試験でTOEICスコアが英語筆記試験免除対象に!

更新日:

2014年度の通訳案内士試験から、TOEICのスコアが英語筆記試験の免除対象になるとの発表がありました。

観光庁はこのほど、2014年度の通訳案内士試験から、TOEICスコアを英語筆記試験の免除対象に追加すると発表した。同庁によると、国家資格として初めてのTOEICとの連携となるという。

免除対象となるのは、TOEICテスト(公開テスト)で840点以上、TOEICスピーキングテスト(公開テスト)で150点以上、TOEICライティングテスト(公開テスト)で160点以上のいずれかを獲得した人となる。

http://news.mynavi.jp/news/2013/12/24/179/

現状、20代以下の若い世代の通訳案内士受験者が全体の約18%にとどまっているということで、この施策により、若い世代がより多く受験してくれることに期待しているようです。

ちなみに、通訳案内士試験は一次試験の筆記試験だけでなく、二次試験の口述試験がありますが、大半の人は一次試験で脱落しているとのこと。

そして一方で、二次の口述試験では8割以上の人がパスしているとのことで、TOEICが得意な人にとっては、今回の免除制度は大きなアドバンテージだと思います。

参考までに平成24年度の受験データを書いておきます。

受験者数(英語): 2,991人
合格者数(英語): 398人
第一次合格率: 14.1%
第二次合格率: 87.3%

TOEICで840点以上のスコアを持っている方は次のキャリアップに、通訳案内士を目指してみてはいかがでしょうか?



よく読まれている記事

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

ずいぶん前になりますが、2003年にIBMのCS改善活動の一環で『テレコン英会話小冊子』というものが無償で公開され話題となりました。 内容は電話会議(テレコン)における英会話フレーズを集めたものですが ...

-TOEIC

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.