大好きな洋楽を口ずさんで英会話を修得する

      2016/02/27

ilovesinging

英語学習法って色々ありすぎてどれを試していいか迷いますよね。
例えば、「グロービッシュ」とか「インド式」とか「シャドーイング」とか「英文多読」とか「フォニックス」とか「スピードラーニング」とか(笑)

そんな数ある英語学習法に新しい方法が誕生し、いま注目を集めているとのことでご紹介します。特にリスニング力が伸び悩んでいる方にはおすすめの方法でしょう。

「私は大学を卒業して社会人になったとき、まったく英会話ができませんでした。ただし、米国留学の夢を持ち続け、30歳のときに念願のボストン大学のMBAコースへの入学を果たしました。留学に際してはTOEFLのスコアが重視されます。リーディング、リスニング、文法の3分野のテストがあるのです が、全てで95%以上の得点が求められます。文法とリーディングはコツコツ勉強すれば、スコアは伸びていくものです。しかし、リスニングだけは如何ともし がたい。悩んでいたある日、マイケル・ジャクソンのCDを聴いていて、『もしかして』と試してみたのが、洋楽の歌詞の聴き取りだったのです」

 こう語るのは2014年2月に下北沢と新宿で「洋楽英会話のLAVOC」を開講したファイナンシャルエクセレンスの平田啓社長である。よく知っている歌でも、意外と歌詞を正確に聴き取れないもので、平田社長は何度も何度も繰り返し聴いた。そして、分かるようになると、今度はそれが面白くなり、次々と新しい曲に挑戦していった。すると、みるみる内にリスニングのスコアもアップしていったそうだ。

「実際に留学してみて面白いことに気が付きました。アフリカや中南米などからの留学生仲間が数多くいて、彼らは流暢な英語を話します。でも、彼らの出身国では、学校の授業に英語がなかったり、日本のような英会話学校もないところが多いのです。ではどうやって勉強したのかを尋ねると、ラジオで洋楽を聴いたという人がほとんどでした。だったら、このメソッドをいつか日本で定着させたいと考え続けてきました」

 そう語る平田社長によると、洋楽で「英語耳」を鍛えると、頭のなかに聞いた英語のフレーズがきれいに残り、それをそのまま発音することで、ネイティブに近い英語を話せるようになるそうだ。平野社長はMBAのディスカッションの成績が、留学生の中で常にトップクラスだったのだが、それも成果の一つ だと考えている。

 ところで、気になる洋楽英会話のレッスン内容だが、聞いたことのある有名な曲をピックアップして、まず聞き慣れたサビの部分の聴き取りを行う。そして自分が聴いたとおりフレーズを書き出し、口ずさんでみる。その後に正解の歌詞と答え合わせ、単語の意味や、文法的な説明を受ける。そして、正解の歌詞にリズムやメロディーをつけながら歌ってみるというわけだ。

http://dmm-news.com/article/905224/

洋楽で英会話を教える教室が増えているそうですが、この学習法であれば、自宅で気軽にできますから、気になった方はまずお試しください。

 - 英語全般