英語全般

最も間違えやすいビジネス英単語は「remuneration」 意味わかりますか?

更新日:

business-word

「間違えやすいビジネス英単語・フレーズ ランキング」が発表されました。

英語学習サイトiKnow! ユーザー5万人の学習データを分析された結果だそうですが、1位となったのは「remuneration」。

意味は「給料、報酬」ですが、一般的には「salary」の方がよく使われますよね。

「remuneration」は主に正式な場面や文書でのみ使われる単語だそうなので、特定の業種の方しかお目にかかることはないかもしれませんね。

2位以降は以下のようになっています。

スポンサーリンク

■ 間違えやすいビジネス英単語

1. remuneration 給料、報酬
2. impasse 行き詰まり
3. adversarial 敵対的な
4. sticking point 障害
5. appraisal 評価、査定
6. service 修理する、点検する
7. common ground 合意点、妥協点
8. address (人に)話す・話しかける、対処する
9. competence 能力、力量
10. present 示す、伝える
11. memorandum of understanding (MOU) (正式な)覚書
12. stall 時間稼ぎをする
13. intimidate 威嚇する、畏縮させる
14. project 予測する、見積もる
15. turnover 売上

「address」「service」などは、カタカナ英語で使うため、特に間違えやすいのでご注意を。

合わせて「間違えやすいビジネスフレーズ」が発表されていますので、紹介しておきます↓

■ 間違えやすいビジネスフレーズ

1. fall from~ から減少する、~から低下する
2. budge on price 価格に関して譲歩する
3. settle for ~で妥協する
4. in the foreseeable future 今後しばらくの間
5. make a concession 譲歩する
6. produce results 成果を上げる
7. form an alliance 提携する、協力関係を作る
8. fall apart 決裂する、白紙に戻る
9. (be) proficient in ~に熟練している、~に堪能である
10. pursue a career キャリアを積む、仕事を続ける
11. back down 引き下がる、撤回する
12. work for ~に都合が良い
13. incur costs 費用を負担する(被る)
14. pose a challenge 難局をもたらす
15. drop by ~減になる、~減少する




おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

ずいぶん前になりますが、2003年にIBMのCS改善活動の一環で『テレコン英会話小冊子』というものが無償で公開され話題となりました。 内容は電話会議(テレコン)における英会話フレーズを集めたものですが ...

-英語全般

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.