英語全般

英語が社内公用語になり、なぜか英語が出来る人が損する状況に・・・

投稿日:

worrying-woman

社内英語公用化に対して賛否はあるが、実際のところ、かなりの弊害があるという。5年間働く青田健斗さん(仮名・35歳)は嘆く。

「’12年夏に“英語化”がスタートしてからおかしくなりました。英語が話せる基準がTOEIC700点以上なのです。それをクリアできない人は業務を中断して、英語の集中講義に入れられるのです」

 そこでとばっちりを受けるのは、いわゆる英語がデキる社員だ。

 青田さんもその一人。

「英語ができない人は、給与減という処分が下されるので、それはそれでかわいそうだと思いますが、英語の勉強で業務を放置せざるをえないため、その分、我々が彼らの仕事を引き受けることになる。

 ざっと1.5人分の仕事を日々こなさなければいけないため、始発終電でも仕事が終わらない。しかも、それによって次々と倒れる人が出てくるので、さらに仕事は増える。まさに負のスパイラルです」

 英語ができる人間が、英語ができない人の業務まで請け負うことになるとは何とも皮肉な話である。

「私はギリギリの精神状態で何とかしがみついていますが……」

 さらなる業績アップを狙っているのだろうが、この制度に果たして未来はあるのか?

http://news.livedoor.com/article/detail/9878791/

よく読まれている記事

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

ずいぶん前になりますが、2003年にIBMのCS改善活動の一環で『テレコン英会話小冊子』というものが無償で公開され話題となりました。 内容は電話会議(テレコン)における英会話フレーズを集めたものですが ...

-英語全般

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.