留学

【悲報】日本はわずか2% - イギリス学生の希望留学先

更新日:

study-abroad

イギリス学生の留学希望国として、日本を選ぶ学生はわずか5%にとどまることがわかりました。

 

これはイギリスの公的国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルの国際高等教育調査部門エデュケーション・インテリジェンスがまとめアメリカ・イギリス人学生の留学希望先ランキングによるもの。

 

結果は以下のとおり。

 

■ イギリス人学生が選ぶ留学先

1位 アメリカ(33%)

2位 オーストラリア(9%)

3位 フランス、ドイツ(5%)

4位 カナダ、スペイン(4%)

5位 オランダ、日本、ニュージーランド(2%)

6位 イタリア、中国(1%)

 

■ アメリカ人学生が選ぶ留学先

1位 イギリス(19%)

2位 フランス(10%)

3位 イタリア(8%)

4位 スペイン、オーストラリア(6%)

5位 ドイツ、日本(5%)

6位 アイルランド(3%)

7位 ブラジル(2%)

8位 中国、韓国(1%)

 

どちらの結果も、かろうじてアジア圏では1番ですが、一桁というのは悲しいですね。日本人と違って、留学の第一目的は語学習得ではないので、わざわざ日本語を覚えないといけない日本は選びづらいんでしょうねぇ。

 

日本政府や大学は留学生招致のための対策を打ち出していますが、そんな中、慶応大の海外留学生向けに作った、日本誘致映像が素晴らしかったのでご紹介します。

監督は世界でも注目されているティム・ホワイト氏によるもので、英国ロンドンでのイベント「Experience Japan Exhibition 2012」でも上映されて好評だったとのこと。

 

日本の素晴らしさがよく伝わる美しくカッコイイ映像だと思います。よくこんな映像を外人の監督が作れたなぁと関心します。

 

こういったビデオで世界に日本を知ってもらい、多くの学生が日本へ来てくれることを期待します。

[参考データ]http://www.britishcouncil.org/sites/britishcouncil.uk2/files/oth-broadening_horizons_2014_april-14.pdf

 

シニアのおっさん、155日デンマークでの英語留学  NO.1/4

シニアのおっさん、155日デンマークでの英語留学  NO.1/4

よく読まれている記事

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

ずいぶん前になりますが、2003年にIBMのCS改善活動の一環で『テレコン英会話小冊子』というものが無償で公開され話題となりました。 内容は電話会議(テレコン)における英会話フレーズを集めたものですが ...

-留学

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.