英語全般

21歳から10カ国語をマスターした達人が外国語を効果的に学ぶヒントを伝授

更新日:

Benny Lewis

21歳を過ぎてから語学学習を始め、今では10カ国語以上を話すまでになったBenny Lewisさんが言語を習得するためのヒントを色々と教えてくれています。

以下、そのヒントをちょっとだけ抜粋。

① 何をしたいのか、目標を明確にする

特に問題だと思うのは、目標があいまいだったり、達成不可能だったりするせいで、始める前にくじけてしまう人が多いことです。 ~略~ 目標は必ず達成できるものにし、期限は今から数カ月以内に設定しましょう。例えば、「6カ月後には打ち解けた話ができるようになる」という目標はどうですか?「3週間後には道を尋ねられるようになる」、「2カ月後には日常生活や仕事のことを話せるようになる」、「今月末までに食事の注文ができるようになる」でもいいですね。


② 試験のように堅苦しく考えない

言語はコミュニケーションの手段です。その言語を使えるようになれば、程度の差はあれ「成功」です。 ~略~ 外国語で食事が注文できたのなら、文法が間違っていようが、単語のチョイスがおかしかろうが、成功には違いありません。自信を持っていいですよ。

続きはこちらでどうぞ

[引用元] 10カ国語を話す筆者が推薦! 効果的な「外国語の学び方」
http://www.lifehacker.jp/2013/01/130127learn_a_new_language.html

よく読まれている記事

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

ずいぶん前になりますが、2003年にIBMのCS改善活動の一環で『テレコン英会話小冊子』というものが無償で公開され話題となりました。 内容は電話会議(テレコン)における英会話フレーズを集めたものですが ...

-英語全般

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.