TOEIC

今日は10月19日は「TOEICの日」!TOEIC苦手英単語・熟語ランキング、句動詞が半数を占める

更新日:

toeic-logo.png

きょう10月19日は知る人ぞ知る「TOEICの日」です(笑)

それを記念して(?)、『iKnow!』を展開しているセレゴ・ジャパンは、TOEICテスト対策を目的としてユーザーの学習データを分析、「苦手英単語・熟語トップ10」を発表しました。

気になる結果ですが、まずはTOEIC 600点を目指すユーザーの苦手英単語・熟語トップ10から

TOEIC 600点を目指すユーザーの苦手英単語・熟語トップ10
1 cautious 慎重な
2 push for 〜を得ようと努める
3 live up to 〜に応える、沿う
4 go over 〜をよく検討する
5 turn up 姿を現す
6 closely 厳密に、しっかりと
7 perceive 知覚する
8 come up with 〜を思いつく、考え出す
9 possibly もしかしたら
10 set out 出発する

「TOEIC 600点を目指すユーザーの苦手英単語・熟語トップ10」では、熟語が半分以上を占める結果となっており、その理由として「知っている単語が邪魔をしている」ことが挙げられるそうです。

例えば、3位の「live up to」という句動詞を見たとき、まず「live」の意味を考える傾向にあるため、「~に応える、沿う」という回答にはたどり着きにくいそうで、TOEIC は単に英単語の意味を答えるテストではないので、単独では覚えにくい熟語は、文脈の中で活用法を学ぶ必要があるとのこと。

なるほど。

続いて TOEIC 800点を目指すユーザーの苦手英単語・熟語トップ10、

TOEIC 800点を目指すユーザーの苦手英単語・熟語トップ10
1 pull off 〜を成し遂げる、成功する
2 pass up (機会など)を見送る、逃す
3 straighten out 〜を解決する
4 work out (方法、規則など)を練る、〜を解決する
5 discretion 思慮深さ、慎重さ
6 entail 伴う、必要とする
7 get down to 〜に取り掛かる
8 reap 利益を得る、報いを受ける
9 solicit 勧誘する、求める
10 sort out 〜を処理する、解決する

TOEIC 800点を目指すユーザーの苦手英単語・熟語トップ10でも、熟語がトップ10の約半分を占めましたが、高レベルの動詞が使われており、それほど多くの意味を持つ単語はほとんどありません。
しかし、日常生活で見聞きする機会も少ないので、習得にある程度の時間がかかる傾向にあるのだそうです。

なるほど納得の結果ですね。

今回の結果は、Twitterの方でもつぶやくようにしておきます。

よく読まれている記事

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

ずいぶん前になりますが、2003年にIBMのCS改善活動の一環で『テレコン英会話小冊子』というものが無償で公開され話題となりました。 内容は電話会議(テレコン)における英会話フレーズを集めたものですが ...

-TOEIC

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.