採用担当が本音をぶっちゃけ「TOEICスコア650点程度ではネガティブな効果しかないので履歴書に書いちゃダメ」

      2016/09/21

TOEICスコアは何点以上であれば、履歴書・エントリーシートに書くべきなのか?という疑問を持つ就活生は多いと思います。

今回は現役人事担当者がその疑問に答えてくれる記事がありましたのでご紹介します。

【Aさん】まず、転職希望者のエントリーシートで目につくのがTOEICです。以前、転職支援の企業で採用を担当していたときは、500点後半くらいの点数から書いてくる人が多かったですね。

【Cさん】確かに、大半の応募者が英語の資格を持っています。 もちろん海外専門の部署は英語の能力が問われますが、私も経験したことのある国内営業だと取引先は日本企業ですから英語を使うことはありません。ところが その企業が海外に出たいと言ったとたん、いきなりグローバル化の壁にぶつかります。

【Cさん】だから中途採用のとき、ある程度英語力は見ています。ただ、なかにはTOEIC400点とか英検3級とか書いてくる人がいて、これはアピールなのか、英語があまりできないと正直に言っているのか、意図が読みきれないことがあります。

【Bさん】そうですね。

【Bさん】私が前にいた人材紹介会社では、転職希望者に対して「650点に満たない人は書いちゃダメですよ」と伝えていました。そのくらいの点数では、ネガティブな効果にしかならないことがありますからね。

【Aさん】英語を含めてどの資格でも目的とか軸なしに取ってい る感じがあると、逆にマイナスに映ってしまう気がします。それなら取らないほうがいいし、書かないほうがいい。わりと趣味っぽい資格も多くて、面接で「カ ラーコーディネーターを持っています」と言うから、「どうして取ったんですか」と聞くと答えが返ってこない。この人には戦略性がないのかなと頼りなく思え てしまいます。

http://president.jp/articles/-/20118

一般には600点以上のスコアなら履歴に書いても良いレベルと言われることが多いようですが、実際、650点程度ではそれが採用に有利に働くことはなさそうです。

ただ、今年から新方式に変わって試験が難化していますから、新方式で受けた方であれば600点以上なら書いておいても良いのではないかと思います。

その場合はちゃんと取得日を記載することをお忘れなく!

 - TOEIC