【TOEICあるある】CopyとCoffeeの違いを試されるのはなぜか?

   

coffee

TOEIC試験で「Copy」と「Coffee」の違いを試されるのはなぜか

日本より受験者数が多い韓国を意識している結果である。

英語における「f」の音は、日本語にも韓国語にも存在しない。例えば「festival」と いう単語は、日本語にすると「フェスティバル」の「フ」。ハヒフヘホで置き換えている。 同じように韓国人も「f」の音を置き換える。置き換えた先は「p」 の音で、パピプペポである。

その結果として、「コピー」と「コーヒー」は英語では違う音なのに、韓国語のシステムに変換すると両方とも「コピー」。「ヒ」 の音が「ピ」になるのだ。

そのため、TOEICの問題の中には、リスニングセクションで、「コーヒー」と「コピー」という単語が、選択肢や設問の中に混ぜられることがある。それによって韓国人の聞き取り能力を試そうとしているのだ。

 

http://president.jp/articles/-/15427

「Copy」と「Coffee」のひっかけ問題はTOEICの定番で、我々日本人にとってはサービス問題だと思うのですが、いつまでも出題され続ける背景には韓国人の聞き取り能力を試すためだったのですね。

 

 - TOEIC