TOEIC

【TOEICあるある】CopyとCoffeeの違いを試される理由

更新日:

coffee

TOEIC試験で「Copy」と「Coffee」の違いを試されるのはなぜか

日本より受験者数が多い韓国を意識している結果である。

英語における「f」の音は、日本語にも韓国語にも存在しない。例えば「festival」と いう単語は、日本語にすると「フェスティバル」の「フ」。ハヒフヘホで置き換えている。

同じように韓国人も「f」の音を置き換える。置き換えた先は「p」 の音で、パピプペポである。

スポンサーリンク

その結果として、「コピー」と「コーヒー」は英語では違う音なのに、韓国語のシステムに変換すると両方とも「コピー」。「ヒ」 の音が「ピ」になるのだ。

そのため、TOEICの問題の中には、リスニングセクションで、「コーヒー」と「コピー」という単語が、選択肢や設問の中に混ぜられることがある。それによって韓国人の聞き取り能力を試そうとしているのだ。

http://president.jp/articles/-/15427

「Copy」と「Coffee」のひっかけ問題はTOEICの定番で、我々日本人にとってはサービス問題だと思うのですが、いつまでも出題され続ける背景には韓国人の聞き取り能力を試すためだったのですね。なるほどです。

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

-TOEIC

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.