安倍首相の英語スピーチが原稿棒読み&カタカナ発音すぎて酷評される

      2015/05/10

昨晩、安倍晋三首相がアメリカ議会上下両院合同会議で演説しましたが、英語での演説とあってか、当ブログに「安倍晋三 英語力」というキーワードで検索してくる方が急に増えました。

そこで、久々に安倍首相の英語について扱いたいと思います。実際のスピーチをご覧になられてない方はこちらをどうぞ↓

 

 

皆様はどういう印象をもちましたか?

私自身、他人の発音をとやかく言うレベルにはありませんが、個人的には、原稿を見まくる所、カタカナ発音、単語単位のぶつ切り発音といったところが非常に気になりました。

果たして聴衆は理解できているのだろうか?という疑問も・・。民主党の小西洋之参議院議員もtwitterで「ひどい棒読みだな。単語を読み上げているだけ。日本の高校生よりひどい」と批判されたようです。

『いやいや、通訳も聴衆も聞き取れているから、安倍さんは英語がちゃんと話せる』と言われる方もいると思いますが、実は、スピーチ原稿があらかじめ聴衆や通訳者に配られていたのでした。

もしかすると、米国議会で外国人がスピーチする時は普通のことなのかもしれませんが、ちょっとびっくりしてしまいました。まぁ、下手な発音で誤解を招かないためには重要ですね。

その弊害というか、通訳の女性が安倍首相のが話す前に通訳してしまったりする様には笑ってしまいましたが・・  おそらく、普段、ネイティブ英語を通訳している通訳者にとって、安倍首相の単語ぶつ切りの不自然なスピーチにとまどったのではないかと(^^;

安倍首相の英語力が他の非ネイティブの首相と比較してどうなのかを知るために、以前、韓国の朴槿恵大統領が米議会で英語演説した動画を紹介しておきます。お世辞にも発音は上手とは言えない気がしますが、少なくとも、安倍首相と違って、原稿を全く見ずに演説していることに関心しました。

 安倍首相の演説について、ネットでは「どうせ 原稿にカタカナのルビがふってあるんだろう」などという声もありましたが、WSJが激写した安倍首相の原稿を見ると、さすがにカタカナのルビは付いておらず、英語の原稿となっていました。

 abe-genkou

abe-genkou2

ルビはふってないものの、「顔を上げ拍手促す」とか「次を強く」などの演説指導者(?)によるコメントが赤入れされていたのが面白かったです。現状、安倍首相の英語力には疑惑が多いものの、少なくとも安倍首相はアルファベットは読めるということが確認できました(笑)

これまで、当ブログで何度か安倍首相ネタは記事にしていますが、私自信は安倍首相は英語はほとんど話せないと考えています。

その理由を書く前に、例によって安倍首相の経歴をおさらいしておきます。

1962-1963 小学2年から3年生にかけて本田勝彦 NHK経営委員、日本たばこ産業顧問(東京大学法学部卒)が家庭教師となる
1964-1965 小学4年から5年生にかけて平沢勝栄 現衆議院議員(東京大学法学部卒)が家庭教師となる
1973 成蹊高等学校卒業(エスカレーター卒業)
1973 成蹊大学法学部入学(エスカレーター入学) ←親に買って貰ったアルファ・ロメオでご通学
1977 成蹊大学法学部卒業(エスカレーターで卒業)
   ~ニート期間2年~(親のカネで英会話学校?のち米大学入学 → 退学)
1979 神戸製鋼所入社(コネ)
1982 神戸製鋼所退職
   ~再ニート期間11年~(親のカネで生活&世襲準備)
1993 親である安倍晋太郎の○に伴い出馬 → 楽々当選!
    現在に至る

かなり偏見が入ってしまいますが、正直、この経歴で英語がペラペラとは到底思えないのです。一応、私がそう思う理由をまとめておきます。

  • 最終学歴は成蹊大学、しかもエスカレータ入学
  • 米国の大学に留学するも1年持たずに退学
  • 神戸製鋼時代にNY支社に転勤(但し、2,3ヶ月?)
  • カタカナ発音
  • 原稿を読みながらですら、ぶつ切りの発音しか出来ない
  • アドリブで英語を話す映像が存在しない
  • 英語でスピーチしても質疑応答はいつも日本語

一国の首相として国際語である英語を話せるのは良いと思いますが、こういう大切な場面では、カッコつけずに、他国の首相のように自国語である日本語を使って堂々と話せばいいと思うんですよね。でも、安倍首相はカッコつけパフォーマンスがお好きなようで、今後も世間が注目する大舞台では英語スピーチをやり続けることでしょう。

ちなみに、今回の演説の直前に行われた歓迎式典での挨拶や公式晩餐会でのスピーチなどは全て日本語です。仮に英語が話せるなら、晩餐会でのスピーチぐらい軽々出来ると思うんですけど、それが出来ないのは、やはり英語は話せないのだなと思います。

今後も英語スピーチをやるのであれば、せめて、もう少し発音だけでも勉強して欲しいものですが、ニート歴13年、コネだけで生きてきた安倍総理にはそういう努力は難しいかもしれませんね。なんて(^^;

《後日追記》安倍首相とパク・クネ大統領のスピーチ動画をイギリス人の先生に見てもらいました。先生曰く、安倍首相の発音は酷いし、文章が途切れ途切れなのも気になるけど、とてもゆっくりなので言ってることはだいたい理解できるとのことでした。普通のスピードで話してたら、あっという間に終わるスピーチだねとジョークを飛ばしておりました(^^;

で、一方のパク・クネ大統領については、安倍首相と同様に発音は上手くないけど、ちょっとマシな程度、ただ、原稿を見ずにスピーチしていることは好感がもてるとのことでした。

[関連] 安倍首相の演説が笑いモノに「8割の米議員わからず」の声も
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159518/1

[関連] え!? 安倍首相が英語で談笑!? 安倍晋三は本当に英会話が得意なのか?
http://toeic-town.net/blog-entry-274.html

[関連] 安倍首相の見事な英語プレゼンに世界が賞賛。安倍晋三の英語力は本物か?
http://toeic-town.net/blog-entry-266.html

[関連] 高級カツカレーの次は学歴詐称?次期首相 安倍晋三の英語力は本物か?
http://toeic-town.net/post-1624/

 - 英語全般