英語全般

英語力を活かして自宅で英会話教室を開く際の注意事項

更新日:

child-school-teacher
英語力に自信がある方で、将来、自宅で子供向け英会話教室を開きたいなんて事を考えている方はいませんか?

実際、私も個人の英会話教室をいくつか経験しましたが、元OLだった方々が英語力を活かして英会話教室をオープンしたという方が多かったです。

そんな方々に向けて、英会話教室をオープンする上での注意点を紹介します。

  • 英会話教室を開催するために特に資格は必要不要
  • 事業として教室を開催する場合、年間所得が20万円を超えると確定申告が必要
  • 賃貸住宅の場合、契約内容を確認し許可が必要な場合は申請
  • マンションの場合、自己所有であっても、使用細則で、「営業活動をしてはならない」などの禁止事項が掲げられている場合があるので注意

英会話教室は特に資格も必要ありませんし、インターネットで無料で教室の宣伝をすることも可能。

教室を開講するうえでの敷居はかなり低いと思います。

ただ、ネイティブ講師等を雇わずに、自身が先生をする場合は、生徒集客のためにもTOEICや英検などの資格は持っていた方が良さそうですね。

【参考】http://suumo.jp/journal/2014/01/02/56780/?vos=nsuusbsp20111206001

おすすめ記事

1

グローバル化が進み、社内公用語を英語にする企業や、日常的に海外の取引先と英語でメールなどのやりとりをしている企業も非常に増えてきました。 翻訳というのは、ただ原文をそのまま訳すことではありません。ビジ ...

2

直接外国人の取引先などと会って話したり、会議をする時、自己紹介はどのようにすれば良いのでしょうか? 国際的なビジネスで成功するには、語学はもちろんですが、相手国のビジネスマナーもしっかり知っておく必要 ...

3

  英語多読学習者向けのオススメ書籍として、Graded Reader (グレーデッド・リーダー)、通称『GR』と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか? GRは簡単に言うと英語を学ぶ外国人 ...

4

-英語全般

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2017 All Rights Reserved.