【朗報】国家公務員採用総合職試験でTOEIC等の民間英語試験のスコアに応じた得点が加算に!

      2014/04/28

mark-sheet-pencil
2015年より、国家公務員採用総合職試験でTOEICなどの民間英語試験の成績を加味することが発表されました。

人事院は27日、2015年度から「キャリア官僚」の採用試験に、TOEFL(トーフル)など民間の英語試験の成績を加味すると発表した。

かつての国家公務員採用1種にあたる「総合職」採用試験の全区分が対象で、合否に大きな影響がでそうだ。

採用試験までの5年間に受検したTOEFLやTOEIC(トーイック)、IELTS(アイエルツ)、英検が対象で、加点は2種類となる。

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312270255.html

加点の条件をまとめると以下のとおり。

■25点加算の条件

TOEFL: 80点以上
TOEIC: 730点以上
IELTS: 6.5以上
英検: 準1級以上

■15点加算の条件

TOEFL: 65点以上
TOEIC: 600点以上
IELTS: 5.5以上

これを見ると、TOEICはスピーキングやライティングが不要になる分、非常に有利な気がします。

ちなみに、スコアは5年前のものまで有効とのことで、将来、国家公務員試験を受ける予定の方は早めにTOEICを受験しておくことをおすすめします。

新TOEICテスト リスニング問題を鬼のように特訓するソフト!
新TOEICテスト リスニング問題を鬼のように特訓するソフト!

 - TOEIC