TOEIC

国家試験の通訳案内士試験でTOEICスコアが英語筆記試験免除対象に!

更新日:

2014年度の通訳案内士試験から、TOEICのスコアが英語筆記試験の免除対象になるとの発表がありました。

観光庁はこのほど、2014年度の通訳案内士試験から、TOEICスコアを英語筆記試験の免除対象に追加すると発表した。同庁によると、国家資格として初めてのTOEICとの連携となるという。

免除対象となるのは、TOEICテスト(公開テスト)で840点以上、TOEICスピーキングテスト(公開テスト)で150点以上、TOEICライティングテスト(公開テスト)で160点以上のいずれかを獲得した人となる。

http://news.mynavi.jp/news/2013/12/24/179/

現状、20代以下の若い世代の通訳案内士受験者が全体の約18%にとどまっているということで、この施策により、若い世代がより多く受験してくれることに期待しているようです。

ちなみに、通訳案内士試験は一次試験の筆記試験だけでなく、二次試験の口述試験がありますが、大半の人は一次試験で脱落しているとのこと。

そして一方で、二次の口述試験では8割以上の人がパスしているとのことで、TOEICが得意な人にとっては、今回の免除制度は大きなアドバンテージだと思います。

参考までに平成24年度の受験データを書いておきます。

受験者数(英語): 2,991人
合格者数(英語): 398人
第一次合格率: 14.1%
第二次合格率: 87.3%

TOEICで840点以上のスコアを持っている方は次のキャリアップに、通訳案内士を目指してみてはいかがでしょうか?



おすすめ記事

1

グローバル化が進み、社内公用語を英語にする企業や、日常的に海外の取引先と英語でメールなどのやりとりをしている企業も非常に増えてきました。 翻訳というのは、ただ原文をそのまま訳すことではありません。ビジ ...

2

直接外国人の取引先などと会って話したり、会議をする時、自己紹介はどのようにすれば良いのでしょうか? 国際的なビジネスで成功するには、語学はもちろんですが、相手国のビジネスマナーもしっかり知っておく必要 ...

3

  英語多読学習者向けのオススメ書籍として、Graded Reader (グレーデッド・リーダー)、通称『GR』と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか? GRは簡単に言うと英語を学ぶ外国人 ...

4

-TOEIC

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2017 All Rights Reserved.