ドコモツートップのXperia A (SO-04E) を購入してみた。

      2014/04/28

so-04e.jpg

長らくドコモ版Xperia Rayを愛用してきたのですが、本日、同じくドコモのXperia A (SO-04E)を買いました。

これまで、Xperia Rayはb-mobile U300やSo-net Mobile 3G といった、いわゆるMVNOを利用し、通信費を月額2000円程度に押さえてきました。

実は通常のキャリア契約であっても、月額通信費用を2000円以下にすることは可能なのですが、それには多少コツが必要であり、めんどくさがり屋の自分はこれまで敬遠してきました。

しかし、まれにSo-net 3Gの通信制限にひっかかり、3日間、まともに使えなくなる不自由さに我慢ができなくなり、乗り換えを決意した次第です。

余談になりますが、So-net 3G は3日間に192MBの通信容量制限があり、これを超えると速度が大幅に絞られるのですが、その絞り方が尋常ではなく、30kbps程度まで落ち込み、実質、メールやtwitterなどのテキストベースのアプリしか使えない状態になります(-_-;

最近人気のOCNモバイルONE等であれば、速度制限後も200kbpsが確保されるようなので、おそらく、ここまで問題にはならないと思います。

さらに余談ですが、So-net Mobile 3Gを2年以内に解約すると、違約金 『9,975円』の支払いが必要になりますが、解約時にはSIMカードを指定の宅急便で返却しないといけず、その送料に700円程度(送付元による)がさらにかかるので注意が必要です。So-netは去るものに容赦無い仕打ちです・・

Xperia Aを選んだ理由

すでに旧機種となっていますので、いまさら聞きたい人はいないと思いますが、数あるスマートフォンの中で、今回、Xperia Aを選んだ理由を書いておきます。

【MiniSuit】【Sony 】 Xperia A SO-04E 良質PUレザー フリップスタイル ケース カバー【日本正規輸入代理店品】 レッド
【MiniSuit】【Sony 】 Xperia A SO-04E 良質PUレザー フリップスタイル ケース カバー【日本正規輸入代理店品】 レッド

1. 本体が格安なこと

最近の国内スマートフォンは9万超えも珍しくありません。

海外から輸入すれば、格安でSIMフリーなスマートフォンが簡単に購入できる時代に、9万も出すのがバカバカしいと感じます。

あと、高価すぎると使うときに気を使う必要が出てきてしまい、雑にガンガン使いたい派には不向きなのです。貧乏性なので(^^;

Xperia Aも発売当初は高かったですが、今は旧機種となったため、0円~2万程度でどこでも手にはいります。

3. ドコモ版であること

ドコモ版にこだわる理由はには2つあります。

1つはプラスエリアに対応していることです。これさえ気にならなければ、海外版のスマートフォン一択なのですが、海外モデルはいわゆるドコモのFOMAプラスエリアには非対応なのです。FOMA時代は北米モデルの一部で対応しているものもありましたが、今は皆無ですね。

プラスエリアとは800MHz帯域の基地局で構成されたエリアという意味ですが、簡単に言うと、プラスエリアに対応していると、電話が圧倒的に繋がりやすくなります。

以前、海外からHTC DesireやXperia Miniなどを輸入して使っていたこともあるのですが、山間部やビルの中、一戸建てでも奥のほうに入ると、圏外になることがしばしばあり、どうしても不便さを感じてしまいます。

2つ目は、ドコモ版は解約した後にMVNO端末として使えるというメリットです。MVNOの認知度は上がってきましたが、auとSoftbankの端末で使えないことが意外と知られていません。詳細は割愛しますが、auは通信方式が異なるのでNG、SoftBankはSIMロックがかかっているのでNGです。

4. rootを取る手段が存在すること

最近のスマフォは性能があがりrootを取って、カスタムROMなんて入れなくても十分に快適に動作します。

しかし、rootを取るメリットは以下のように色々あるのでやはりroot奪取は私には必須です。

・カメラの無音化
・広告削除
・不要なドコモアプリの削除
・テザリング制限解除
・フルバックアップ

Xperia Aはもすでにroot取得の方法が確立されています。

ちなみに、私の購入した本体のソフトウェアバージョンは10.1.1.D.2.31と比較的新しいものになっており、ワンクリックではroot化ができません。

しかし、Xperia Rayの時と同様、一度、10.1.1.D.2.26に戻せばroot化は可能です。詳細は別途記事化しますね。

5. 評価の高い人気機種であること

人気がある=ユーザー数が多ければ、ネットに様々な情報が蓄積されますので、何かあった時にすぐにネットで解決できるのがメリットです。

さらに、本体が必要なくなった時にも、高額で売却できるのも人気端末ならではです。

Xperiaは2013年夏モデルで最も売れたandroidスマートフォンなので、その点は心配無用ですね。
世界的にはGalaxy S4が売れているようですが、バッテリー爆発した不具合とか出てて怖すぎる(^^;


Xperia Aには防水とか大画面とかワンセグとかの特徴があるかと思いますが、そういうのは個人的にはどうでも良いというか、実はむしろデメリットだったりします。デカく重くなるだけなので・・

とだらだら書いてしまったので、今後はXperia A関連の記事として、購入方法のコツ、アクセサリー、root化などを書いていきたいと思います。(って、TOEICブログですけどね・・)

 - その他