【生きねば。】ジブリ映画『風立ちぬ』の英語タイトルはなぜ「The Wind Rises」なのか?

      2014/04/28

kazetachinu.png

ジブリ映画「風立ちぬ」の英語タイトルは「The Wind Rises」と知りました。

でも、なんでだろう?と思いませんか?

「風立ちぬ」 → 「風が吹かない」 → 「The wind doesn't blow」じゃないのかと?

実は「風立ちぬ」の「ぬ」は否定の「ぬ」ではありません。

古典助動詞の「ぬ」、すなわち、完了を意味する「ぬ」なのです。

えぇ、私は知らなかったですw

つまり、現代語に直すと「風立ちぬ」 → 「風は立った (吹いた)」となります。

でも、「風は立った」は直訳すれば「The wind has risen」となるはずですよね。

なんで「The Wind Rises」なのでしょうか?

これはジブリが「出来るだけ短く、覚えやすい」タイトルとするために、あえて現在形の「The Wind Rises」としたらしいです。なるほどね。

1/48「風立ちぬ」二郎の鳥型飛行機
1/48「風立ちぬ」二郎の鳥型飛行機

風立ちぬ
風立ちぬ

 - 英語全般