英語全般

相手の言うことがよく分からなかったら、歌手の「ユーミン」を思いだそう

更新日:

cannot_hear.jpg

「相手が言っていることが分からない」場面において、「すみません、もう一度お願いします」という意味のオーソドックスな表現として以下の様なフレーズがよく使われますよね。

Sorry?
I am sorry?
Excuse me.
Pardon?
Pardon me?
Sorry, could you say that again?

でも、こういう聞き方をすると、相手はかなりの確率で初めに言ったことを繰り返すため、2回聞いてもわからないことも多いです。

そんな時、相手が言い方を変える質問をするのがポイントで、記事では以下の3つのフレーズが紹介されています。

So, you mean?  (あなたが言いたいのは?)
So you want? (お望みは?)
Your point is? (あなたのポイントは?)

実際の会話のパターンはこんな感じになります↓

Can you be more flexible on your price?
価格は、もう少し何とかなりませんか?

So, you mean?
あなたが言いたいのは?

Can you lower the price?
値下げできますか?

私自身、PardonやSorry?を使いがちだったので、今度は So, you mean?(ユー ミーン)を試してみたいと思います。

[参考記事]聞き返し方ひとつで英会話はこんなに楽になる
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1304/24/news013.html

by カエレバ

by カエレバ

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

直訳した英語メールが相手を不愉快に!? グローバル化が進み、社内公用語を英語にする企業や、日常的に海外の取引先と英語でメールなどのやりとりをしている企業も非常に増えてきました。 翻訳というのは、ただ原 ...

3

直接外国人の取引先などと会って話したり、会議をする時、自己紹介はどのようにすれば良いのでしょうか? 国際的なビジネスで成功するには、語学はもちろんですが、相手国のビジネスマナーもしっかり知っておく必要 ...

4

-英語全般

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.