TOEIC

TOEICを題材にしたミステリー小説が発売

更新日:

不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる

世界初の、英語試験TOEICを題材にしたミステリー小説が発売されましたw

ある日、主人公グプタは、不思議な違和感をおぼえた。

・図書館は、いつも閉まっている。
・アルコールとタバコが、存在しない。
・飛行機は、いつも遅れる。...etc.

「なにかが、おかしい……この世界は、どうも変だ」
グプタは単身、その謎に挑むが……。

本書はおそらく世界初の、英語試験TOEICを題材にしたミステリー小説です。
日本語の小説部分をメフィスト賞作家の清涼院流水氏が担当。全編で80箇所以上に及ぶTOEICのうんちくたっぷりの解説を、多数のTOEIC対策本の著者であるヒロ前田氏が担当しています。異分野の二人がタッグを組んで挑戦する、「学び」と「愉しみ」の新世界をぜひご堪能ください。

<本書の3大特徴>
1.TOEICに繰り返し出題される出来事や状況を、よく練られたストーリーの中ですんなり理解できる!
2.ヒロ前田氏が長年分析してきたTOEICの傾向を、ストーリーに付された多数の解説でがっちり把握できる!
3.TOEICや英語が好きでも嫌いでも、知っていても知らなくても、誰でも楽しめる本格的ミステリー小説!

いわゆるTOEICあるあるなシチュエーションを舞台にした小説のようですね。

私が愛用する『新TOEICテスト スーパー英単語』の著者でもあるヒロ前田氏によるダウンロードコンテンツもあるそうで、TOEIC対策にもいろいろ役に立ちそうな気がします。

Amazonでまだレビューもないし、気になるので早速本屋で立ち読みしてきます =3

不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる

ヒロ前田,清涼院流水 アルク 2013-04-10
売り上げランキング : 1686

by ヨメレバ

[関連記事]TOEICの問題にありがちなこと
http://toeic-town.net/blog-entry-81.html
[関連記事][TOEICあるある] これ覚えるだけで確実にスコア上がるぞ ~TOEICでありがちなことリスト~
http://toeic-town.net/blog-entry-47.html

おすすめ記事

1

グローバル化が進み、社内公用語を英語にする企業や、日常的に海外の取引先と英語でメールなどのやりとりをしている企業も非常に増えてきました。 翻訳というのは、ただ原文をそのまま訳すことではありません。ビジ ...

2

直接外国人の取引先などと会って話したり、会議をする時、自己紹介はどのようにすれば良いのでしょうか? 国際的なビジネスで成功するには、語学はもちろんですが、相手国のビジネスマナーもしっかり知っておく必要 ...

3

  英語多読学習者向けのオススメ書籍として、Graded Reader (グレーデッド・リーダー)、通称『GR』と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか? GRは簡単に言うと英語を学ぶ外国人 ...

4

-TOEIC

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2017 All Rights Reserved.