韓国就活事情 TOEICスコア800点以上でないと見向きもされない・・

      2014/04/28

大学新卒で正規社員になれるのは5人中1人だけと言われる韓国の就活事情が記事になっていました。

英語のほかに日本語か中国語の習得を、ほとんどの会社が求めている。誰もが憧れる財閥系企業ともなるとハードルは極めて高く、会社側は否定しているが、TOEICで990点満点中、800点以上でないと履歴書すら見てもらえないという。

 全企業数に対してサムスン電子やLGエレクトロニクスといった財閥系企業が占める割合は、わずか1%に過ぎない。しかし、主要財閥10グループの総売り上げはGDPの約75%を占める。その入社試験の倍率は少なくとも数百倍で、トップのサムスン電子に至っては700倍とも報じられている。まさに針の穴をかい潜るようなもので、秀才が集中するソウル大学ですら、就職率は50%に満たない。

 韓国では、大学4年生の下半期が始まる9月に履歴書を送り、採用が決まるのは卒業間際だ。1回で就職が決まるケースは稀で、就活が何年も続く。途中、語学留学する者も少なくない。

 大学に入ってから就職を意識する日本と違って、韓国では早いうちから就職を念頭に教育される。小学生で外国語の習得に勤しみ海外研修にも参加。選ばれし者は外国語高校で学び、さらに大学入学後には英語+第2外国語のスキルアップだけでなく、目指す企業が個別に入社条件として指定する資格試験の合格を目指して猛勉強を続ける。


http://www.news-postseven.com/archives/20130403_176183.html

小学生から英語習得のために海外研修に参加とは凄いですね。
日本の英語ブームも過熱気味ですから、韓国みたいになるのも時間の問題かもしれません…

サムスンの真実

金 勇澈 バジリコ 2012-02-17
売り上げランキング : 93620

by ヨメレバ

 - TOEIC