21歳から10カ国語をマスターした達人が外国語を効果的に学ぶヒントを伝授

      2014/04/28

Benny Lewis

21歳を過ぎてから語学学習を始め、今では10カ国語以上を話すまでになったBenny Lewisさんが言語を習得するためのヒントを色々と教えてくれています。

以下、そのヒントをちょっとだけ抜粋。

① 何をしたいのか、目標を明確にする

特に問題だと思うのは、目標があいまいだったり、達成不可能だったりするせいで、始める前にくじけてしまう人が多いことです。 ~略~ 目標は必ず達成できるものにし、期限は今から数カ月以内に設定しましょう。例えば、「6カ月後には打ち解けた話ができるようになる」という目標はどうですか?「3週間後には道を尋ねられるようになる」、「2カ月後には日常生活や仕事のことを話せるようになる」、「今月末までに食事の注文ができるようになる」でもいいですね。


② 試験のように堅苦しく考えない

言語はコミュニケーションの手段です。その言語を使えるようになれば、程度の差はあれ「成功」です。 ~略~ 外国語で食事が注文できたのなら、文法が間違っていようが、単語のチョイスがおかしかろうが、成功には違いありません。自信を持っていいですよ。

続きはこちらでどうぞ

[引用元] 10カ国語を話す筆者が推薦! 効果的な「外国語の学び方」
http://www.lifehacker.jp/2013/01/130127learn_a_new_language.html

 - 英語全般