恒例 Kindle Books セール始まりました!

      2014/04/28

kindle-book.png

現在、首都圏はものすごい暴風雨ですが、こんな日こそ、お家で洋書でも読みませんか?

毎月恒例ですが、4月のKindle Booksのバーゲンセールが始まっています。


■Amazon 100  KINDLE BOOKS for $3.99 or Less

http://www.amazon.com/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=1000706171

ご存じの方も多いかもしれませんが、米国Amazonでは、Kindle Booksから毎月100冊を選び、バーゲン価格で提供しているのです!

実は、Kindle愛用者ながら、知ったのは最近ですが(^^;

kindle-web.png

元々、Kindle本は価格が安いのですが、それが90%オフとかざらにあるのがびっくりします。

今は円高ですし、とってもお得です。

例えばですが、つい最近、日本でもベストセラーになりました アップル創業者であるスティーブジョブズ氏の伝記『スティーブジョブズ』、日本では上下巻で各巻1,995円の計3,990円とかなり値がはりますが、なんと、Kindle Books だと$9.99 (約800円)です。

スティーブ・ジョブズ I
スティーブ・ジョブズ I
あと、一般的に翻訳版は出るのが遅いですしね。

洋書を難なく読めるようになれば、いち早く、原書が読めるのもメリットだと思います。

どうですか?英語学習のモチベーションが湧いて来ませんか?(笑)

現状は日本からは買えない本があったり、日本からだと通信費分、米国よりも若干高めになるのが残念ですがね。

近々日本版Kindleが発売されるという話なので、一層安く洋書が買えるようになると期待しています。

今朝もこんな記事がありました。

出版業界が巨額の資金を手に出版物100万点の電子化作業に着手する。4月2日、新会社「出版デジタル機構」が発足した。産業革新機構が最大150億円を出資し、電子書籍の普及を後押しする。今年は米アマゾン・ドット・コムの電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」がついに上陸するとも噂される。楽天も参入を準備している。今年こそ本当の「電子書籍元年」となるのか。

記事原文

きっと国内書籍は電子化されても、高いままなんでしょうね。

Kindleの活用法については、別の機会にご紹介しようと思っています。

Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)
Kindle Paperwhite 3G(ニューモデル)

 - その他