英語全般

ジブリ映画『風立ちぬ』の英語タイトルはなぜ「The Wind Rises」なのか?

更新日:

kazetachinu.png

ジブリ映画「風立ちぬ」の英語タイトルは「The Wind Rises」と知りました。

でも、なんでだろう?と思いませんか?

「風立ちぬ」 → 「風が吹かない」 → 「The wind doesn't blow」じゃないのかと?

実は「風立ちぬ」の「ぬ」は否定の「ぬ」ではありません。

古典助動詞の「ぬ」、すなわち、完了を意味する「ぬ」なのです。

えぇ、私は知らなかったですw

つまり、現代語に直すと「風立ちぬ」 → 「風は立った (吹いた)」となります。

でも、「風は立った」は直訳すれば「The wind has risen」となるはずですよね。

なんで「The Wind Rises」なのでしょうか?

これはジブリが「出来るだけ短く、覚えやすい」タイトルとするために、あえて現在形の「The Wind Rises」としたらしいです。なるほど!

風立ちぬ
風立ちぬ

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

-英語全般

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.