無料とは思えないクオリティ。アイオワ大学の教材で発音を極めよう!

      2014/04/28

uiowa1.png

今回は発音を学ぶ方法を紹介します。

発音が適当でもそれなりに伝えることは可能なので、どうしても発音のトレーニングって後回しになってしまいがちだと思います。

日本人は恥ずかしがり屋だから、ネイティブっぽく発音すると、気取った感じになって照れくさいと感じる人も多いでしょう。

でも、きちんと発音ができるようになれば、他人の発音も聞き分けることが可能になるので、早い段階で正確な発音を習得することは重要です。

発音できない単語は聞き取れないという先生もいるぐらいです。

今回は、発音を学ぶための強力なツールをご紹介します。もちろん無料です。

アイオワ大学のホームページで公開されているツールなのですが、アニメーションと実際の動画を使って発音をわかりやすく教えてくれます。

使い方を説明しますので、まずは以下のサイトにアクセスしてみてください。

※Flashを使ったサイトなので、iPhone/iPadの方はご自宅のPCでご確認ください。


http://www.uiowa.edu/~acadtech/phonetics/english/frameset.html

以下のようなウィンドウが表示(ポップアップ)されます。

uiowa2.png

※表示されない方はAdobe Flashがインストールされていないかもしれませんので、Flashをインストールしてからトライしてください。

uiowa3.png

上部のボタンで確認したい発音を選ぶのですが、単語が難しいと思いますので、まずは母音の確認方法について説明します。


■母音の確認法

1. monophthongs(短母音)かdiphthongs(二重母音)を選びます。

2. 口の中の発音位置をFront(前)、Center(中央)、Back(後ろ)から選びます。
※ diphtongs(二重母音)の場合は、発音位置の指定は必要ありません。

3. 候補となる発音記号が表示されますので、発音記号を選びます。

4. イラスト、写真、それぞれの下に3角マークがありますので、これをクリックして発音と口の動きを確認します。

5. 右下の単語例をクリックして発音を確認することもできます。

uiowa4.png


■子音の確認法

1. manner(発音方法)かplace(発音箇所)かvoice(有声音・無声音)を選びますが、ここではmannerを選びます。

2. 発音方法を6種類の中から一つ選びますが、ここではfricative(摩擦音)を選んでみます。
その他の意味は以下のとおり。
stop(閉鎖音)、fricative(摩擦音)、affricate(破擦音)、nasal(鼻音)、liquid(流音)、glide(半母音)

3. あとは母音と同様で、候補となる発音記号が表示されますので、発音記号を選びます。

4. イラスト、写真、それぞれの下に3角マークがありますので、これをクリックして発音と口の動きを確認します。

5. 右下の単語例をクリックして発音を確認することもできます。

uiowa5.png

いかがでしたか?

無料でこんな素晴らしいツールを公開してくれているアイオワ大学には本当に感謝します。

みなさんもぜひ積極的に利用しましょう。

DVD&CD付 日本人のための英語発音完全教本

竹内真生子 アスク 2012-04-28
売り上げランキング : 36109

by ヨメレバ

 - 英語全般