英会話

洋画や洋楽でよく出てくるのに学校では習わない単語 gonna, wanna, gotta とは?

更新日:

海外の映画やドラマ、洋楽などで、wanna, gonna, gottaという表現をきいたことはありませんか?

これらの表現はネイティブの日常会話でよく使われる言葉ですが、実際に学校で習うことはほとんどありません。

今回はこれらの表現の意味と使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

英語の短縮系

Wanna, gonna, gottaは、can’t(can not) や We’ll(we will)と同じように2語以上の英単語を繋げた短縮形です。それぞれ、「ワナビー」「ガナ」「ガタ」と発音します。

Wanna=want to
Gonna = going to
Gonna= have got to / got to

英語には短縮形がたくさんあり、「contraction」や「reduction」と呼びます。

もともとは口語を文字で書いているものなので、厳密に言うとformalな場面や文書では使用しません。特にこれらの3つは、とてもカジュアルな表現の部類に入ります。

なので、使用する場合は家族や友達などとカジュアルな会話をする場面で使用します。仕事などのフォーマルな場面で使うと、違和感を感じられてしまうので注意しましょう。

ちなみに、wannaをMicrosoft Wordなどのソフトで入力すると自動修正の波線が入ります。私は学生の時、これをずっと疑問に思っていましたが、wannaは日本語でいう「ら抜き言葉」のように正式な言葉ではないので、修正が入るようです。

 

Wanna/gonna/gottaの使い方

【Wanna】
Wannaはwant to の短縮形で、「~をしたい」という意味です。

例)Do you wanna go see a movie tonight?
今夜、映画見に行かない?

(※) 私は学校でmovieはwatchを使うと習いましたが、実際ネイティブはseeもwatchも使います。

例)I wanna do somothing fun!
何か楽しいことがしたい!

【gonna】
Gonnaは未来形を表すgoing toをの短縮形です。「~する」という意味でbe動詞と合わせて使います。ちなみに「~へ行く」の意味での「going to」での短縮ではないので注意してください。

例)I’m gonna eat a dinner with him tomorrow.
明日、彼と夕飯を食べるよ。

例)Are you gonna come with me? We are going to the new shopping mall.
一緒に来る?

【gotta】
Gottaはhave got to/ got toの短縮系で「~しないといけない」という意味です。Have got toは日本人はあまりなじみのない表現かもしれませんが、have toと同じような意味合いで使われ、I’ve got to~と短縮されて使われていたりします。

例)I gotta go home. I have a lot of homework today.
帰らなきゃ。今日は宿題が多いんだ。

例)I gotta get work done by 8 pm.
この仕事8時までに終わらせないと

 

その他の短縮表現

冒頭でも述べたように、英語には単語と単語をくっつけて短縮した表現が多くあります。ただでさえ苦戦しがちな英語のリスニングですが、短縮系を多用されると余計に混乱しますよね。

こちらで紹介した3つの他にも日常会話でよく使われる表現がたくさんあるので、ご紹介します。覚えておくと、会話に出てきてもキャッチしやすくなります。

【be動詞の短縮】
I’m=I am /you’re=you are
/she’s=she is /he’s= he is
/there’s=there is / there’re=there are / it’s= it is

【willの短縮】
I’ll= I will / you’ll= you will/ we’ll= we will
It’ll=it will/ that’ll= that will

【notを短縮】
Don’t = do not
Can’t = can not
Won’t = will not
Wouldn’t = would not

【have短縮】
Hafta=have to
Hasta= has to
Could’ve (coulda) = could have
Should’ve (shoulda) = should have
Would’ve (woulda) = would have

(※) カッコ()内の表現はカジュアル表現に入ります。

【カジュアル表現】
Kinda= kind of
Gotcha= got you
Gimme= give me

(※) こちはかなりカジュアルなニュアンスで、スラングのように使われます。Wanna/gonna/gottaもこちらのカテゴリーに入ります。

是非覚えて使ってみてください。より自然な会話に近づけるかも!


担当ライター:モモ (日本の大学を卒業、社会人になって20代後半の時、海外留学を決意。カナダでの1年半の留学期間を経て、現在は東京で在住、仕事で日常的に英語を使用。 TOEIC 910点取得。)

おすすめ記事

1

英語のリスニングの勉強法として、海外の映画やドラマを見ることはたびたび紹介される方法かと思います。ただ、英語学習者の方々のなかで、「途中で集中力が切れてしまって続かない」「全部見たけど結局あまりわから ...

2

英語学習者の方で、ComeとGoの使い分けに苦労した方はいらっしゃいますか? この二つの動詞は誰でも知っている基本動詞ですが、その使い方に苦労している英語学習者は意外と多いのではないでしょうか。 私も ...

3

最近ではTOEICのスコアが大学の単位取得に必要になるとか、会社での昇進・昇格の要件になるとか、様々な場面でTOEICのスコアが活用されるようになり、多くの方がTOEICの勉強をされていると思います。 ...

4

-英会話

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.