英語全般

ナイスオンは英語じゃない!?ゴルフ用語に和製英語が氾濫している件

更新日:

golf-ball

ゴルフ用語は大半が英語ですが、多くの用語がいわゆる和製英語だということをご存知でしたか?

代表的な和製英語をまとめてみました。

スポンサーリンク

  • ナイスオン (nice on)
    → good shot または nice shot
  • ナイスイン (nice in)
    → nice putt または good putt
  • ショートホール (short hole)、ミドルホール (middle hole)、ロングホール (long hole)
    → par 3、par 4、par 5
  • スライスライン (slice line)
    → break to the right
  • フックライン (fook line)
    → break to the left
  • ティーグラウンド (tea ground)
    → teeing ground または tee
  • ホールインワン (hole in one)
    → ace (最近はhole in oneも使われる場合あり)
  • パーオン (par on)
    → green in regulation
  • ニアピン (near pin)
    → nearest the pin または greenie
  • オーナー (owner)
    → honor
  • ドラコン (doracon)
    → long driving contest
  • アゲインスト (against)
    → headwind または into the wind
  • クロスバンカー (cross bunker)
    → fairway bunker
  • ブービー (booby)
    → 最下位の人のこと。最下位よりひとつ上の順位の人を表す意味ではない。

外国人とゴルフをする機会がある方は限られているかもしれませんが、このグローバル化時代、いつ外国人マネージャーとゴルフ接待に行くかもしれません。

せめて和製英語だという認識だけは持っておいた方がいいかもしれませんね。

おすすめ記事

1

直訳した英語メールが相手を不愉快に!? グローバル化が進み、社内公用語を英語にする企業や、日常的に海外の取引先と英語でメールなどのやりとりをしている企業も非常に増えてきました。 翻訳というのは、ただ原 ...

2

直接外国人の取引先などと会って話したり、会議をする時、自己紹介はどのようにすれば良いのでしょうか? 国際的なビジネスで成功するには、語学はもちろんですが、相手国のビジネスマナーもしっかり知っておく必要 ...

3

-英語全般

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.