英会話

機内で使える英会話フレーズ10選 ~ 機内で楽しむ英会話 ~

投稿日:

旅行が好き、海外へ行ってみたい、でも英語が不安、そんな方多いと思います。英語は世界の共通語、飛行場、機内などでは英語の話せる人が多いです。

飛行機の中で数時間、時には10時間以上過ごすこともあります。退屈な機内を楽しいものにするには、簡単でも英語が話せれば便利です。

今日は、中学校で習った簡単な単語を使い、機内で楽しくすこせるフレーズをご紹介します。

スポンサーリンク

Where is ~ : 〜はどこですか?

飛行機に乗ることに慣れていない方は「座席はどこ?」「トイレはどこ?」と質問があるかもしれません。そんな時使えるのが、Where is ~(単数形)とWhere are 〜(複数形)です。意味は「〜はどこですか?」です。

1. Where is my seat?
    わたしの座席はどこですか?

2. Where are our seats?
  (カップル、家族の場合)私達の座席はどこですか?

日本人には難しい単数形と複数形の違いですが、is とareをまちがっても、Whereと自分が探しているものが聞き取れれば相手は理解できますので、細かい間違いは気にしないでください。

3. Where is the seat number 20A?
    座席番号20Aは、どこですか?

4. Where is a lavatory?
    トイレはどこですか?

機内で場所を確認すべきものはトイレですが、なぜか飛行機のトイレだけはlavatoryと呼ばれます。lavatory(ラヴァトリー)は日本人には発音が難しいので、restroom、men's room(男性)、Ladies room(女性)、bathroomと言っても通じます。occupied は使用中、vacantは開いている、です。

5. Where is a flight attendant?
    客室乗務員はどこですか?

客室乗務員はflight attendantやcabin crewが一般的な英語です。キャビンアテンダントは和製英語です。

6. Where is an emergency exit.
    非常口はどこですか?

緊急時の確認につかえます。

7. Where is your final destination?
    最終目的地はどこですか?

最終目的地はfinal destinationです。隣の席の人との会話に使えます。

8. Where is the connecting flight?
    乗継便はどこですか?

乗継便はconnecting flightです。空港の時刻表で便名と乗り継ぎゲートを確認することもできます。

 

Excuse me~ : すみません

日本人がよく使う”すみません”はいろいろな状況で使う言葉です。英語ではExcuse meが近い言葉です。席を立ち、隣の席の人に立ってもらうときは、この言葉が使えます。

1. Excuse me, sir. I want to go to a lavatory.
    すみません、トイレにいきたいのですが。

Excuse me,の後にsir(男性)、ma'am(女性)をつけると丁寧になります。

2. Excuse me, ma’am. What time is it here?
    すみません、ここは今何時ですか?

到着時に現地の時間を確認するとき。

3. Excuse me, excuse me. Let me get by.
    すみません、すみません、行かせてください。

乗り継ぎ便への時間が無く前に進みたいときは、この言葉を連続して使って失礼の無いようにしてください。Let me get by.は人混みを抜けるときの表現です。

4. Excuse us.
    失礼します。

カップル、家族旅行で複数の場合は、meをusに変えてください。

 

Thank you. : ありがとう

Thank you(サンキュー)は世界の共通語です。機内ではThank youを口癖にしましょう。

1. Thank you so much.
    どうもありがとうございます。

2. Thank you for your kindness.
    ご親切にありがとうございます。

3. Thank you for the blanket.
    毛布ありがとうございます。

4. Thank you for waiting.
    待っていただきありがとうございます。

 

Sorry : ごめんなさい。

なにか相手に迷惑かけたら、謝らなければなりません。Sorryは便利な表現です。Excuse meは相手への呼びかけ、などに使えますが、sorryは自分の非をみとめ、相手に詫びる表現です。

1. Sorry.
    すみません。

相手の体にぶつかったとき、などに使ってください。

2. I am sorry.
    申し訳ありません。

Sorry より丁寧な表現です。客室乗務員に何か注意されたら、素直にI am sorryと言ってください。

3. I am so sorry.
    大変申し訳ございません。

万が一、飲み物を誰かにこぼしたら、この表現が使えます。

 

Do you have ~ : 〜はありますか?

なにか必要なとき、使える表現が、Do you have~ です。

1. Do you have a Japanese magazine?
    日本語の雑誌はありますか?

新聞はnewspaperです。

2. Do you have green tea?
    緑茶はありますか?

飲み物や食事が運ばれてくるときに使える表現です。機内での飲み物は、red and white wine(赤と白ワイン)、beer (ビール)、water(水)、coke(コーラ)、 apple and orange juice(アップルとオレンジジュース)などです。英語でジュースは、オレンジ、アップルなど、ソーダは、コーラやスプライトなどの炭酸飲料です。

3. Do you have a vegetarian meal?
    ベジタリアンフードはありますか?

事前にベジタリアン食などは予約できますが、機内でも聞いてみることはできます。

4. Do you have chopsticks?
    箸はありますか?

飛行機では、通常はナイフ、フォーク、スプーンですが、もし箸が良い場合はchopsticks(箸)と聞いてみてください。(多分無いと思いますが・・)
ウェットティッシュはhand wipes、紙ナプキンはpaper napkinです。

5. Do you have a pen?
    ペンはありますか?

入国用の書類記入でペンがない場合にも使えます。

 

How to ~ : どうやって〜

飛行機内には多くの物があります。使い方がわからない場合は、How to ~が使えます。

1. How to use this?
    これはどうやって使うのですか?

10時間を超えるフライトでは映画などのエンターテイメントは欠かせません。機内のテレビなどの使い方がわからない場合に使えます。

2. How to open the overhead bin?
    どうやって収納棚を開けるのですか?

収納棚はOverhead binです。

3. How to fasten the seat-belt?
    シートベルトはどうやってしめるのですか?

4. How to use the life vest?
    救命胴衣はどう使うのですか?

非常時の会話です。酸素マスクはOxygen maskです。

5. How to buy duty free items.
    どうやって免税品は,買えるのですか?

免税品はduty-free items(goods)、タバコはcigarette、香水はperfumeです。

 

I would like~、I want~ : 〜したいです。

自分がしたいことを相手に伝えたいときは、I would like to(丁寧)、I want to(カジュアル)が使えます。

1. I would like a window seat.
    窓際の席に座りたいです。

窓際はwindow seat、通路側はaisle seatです。

2. I would like wine, please.
    ワインお願いします。

3. I would like a magazine, please.
    雑誌お願いします。

4. I would like a pillow, please.
    枕をお願いします。

5. I would like to buy cigarette.
    タバコを買いたいです。

I want でもいいですが、少しカジュアルで、怒った顔で言うと、相手に強い要求をしている印象を与えます。

 

May I~、Can I~ : 〜していいですか。

友達どうし、家族などの旅行でも機内では、見知らぬ人との会話もせざるおえません。
相手に許可を求める、頼むときに使えるのが、May I~(丁寧な表現)とCan I ~(カジュアルな表現)です。

1. Excuse me, may I recline my seat?
    すみません、席を倒して良いですか?

2. Excuse me, may I have another blanket?
    すみません、毛布をもう一枚もらえます

3. Excuse me, may I borrow the pen?
    すみません、ペンを借りられますか?

4. Excuse me, may I change the seat?
    すみません、席を変えてくれますか?

せっかくの新婚旅行なのに、席が離れ離れ、搭乗前にカウンターで交渉も可能ですが、満員の飛行機では無理もあります。機内で、客室乗務員に交渉してみることもできます。もし、2人の旅行で3列並びの席で、真ん中に見知らぬ人がいる場合、May I change?といえば、まず変えてくれるはずです。

以上の例は全てCan I 〜で言いかえられます。

 

I don’t feel well. : 気分が悪いのですが

機内で気分が悪いときは、I don’t feel well. といってください。

1. Excuse me, I don’t feel well.
    すみません、気分がよくありません。

2. Excuse me, I don’t feel well. Do you have some medicine?
    すみません、気分がよくありません。薬はありますか?

3. Excuse me, do you have a band-aid?
    すみません、バンドエイドはありますか?

怪我をした時の表現です。

 

SmileとGesture

人間同士では、非言語コミュニケーション(顔の表情、ジェスチャー)などが大事です。日本語でありがとうと言う言葉も、笑いながら、泣きながら、不満そうにいうでは、相手の受け取り方も違います。

英語も同じで、Thank youも笑いながら、泣きながら、不満そうでは、受け取り方も変わります。特に笑顔は大事です。笑顔は人間にフレンドリーな印象を与えます。機内でのコミュニケーションでは笑顔で言うようにしましょう。

また、body languageと呼ばれるジェスチャーも大事です。欲しいものには指を指すなど、言葉以上にジェスチャーにより意味を伝えられることがあります。ジェスチャーをうまく使ってください。

 

まとめ

時には長時間過ごす機内、退屈せずに楽しく過ごすには簡単な会話が必要です。機内で使えるプレーズはそれほど難しくはありません。世界中から人が集まる飛行機内、難しさ、丁寧な表現よりもわかりやすい表現を心がけましょう。

言葉の受け止め方も笑顔やジェスチャーで変わります。機内で他の乗客といい関係を作るためにも笑顔を心がけてください。

素晴らしい海外旅行をたのしむために、以上のフレースがお役に立てれば幸いです。


担当ライター:マーク高山 (日本の大学を卒業後、2003年、アメリカへ留学する。その後、アメリカでホテル、レストラン勤務、日本語教師、日英翻訳の仕事をする。現在、テキサス州ヒューストン市在住。2011年より、国際的なスピーチクラブ、トーストマスターズ・インターナショナルの会員。)

おすすめ記事

1

直訳した英語メールが相手を不愉快に!? グローバル化が進み、社内公用語を英語にする企業や、日常的に海外の取引先と英語でメールなどのやりとりをしている企業も非常に増えてきました。 翻訳というのは、ただ原 ...

2

直接外国人の取引先などと会って話したり、会議をする時、自己紹介はどのようにすれば良いのでしょうか? 国際的なビジネスで成功するには、語学はもちろんですが、相手国のビジネスマナーもしっかり知っておく必要 ...

3

-英会話

Copyright© TOEIC TOWN (トイックタウン) , 2018 All Rights Reserved.