文部科学省「センター試験に代わる新しいテストを導入する。英語についてはTOFELや英検などの外部試験を活用。」

   

center-exam

大学入試の在り方を検討してきた文部科学省の中教審が、センター試験に代わる新しいテストを平成32年度から実施する案をまとめました。

中でも英語にTOEFLを活用することも検討しているようで、確実に英語の難易度は上がりそうですね。

中央教育審議会(中教審)は24日、大学入試改革の答申案を示した。大学入試センター試験に代わる「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」は複数 回実施。英語は「読む・聞く・書く・話す」という4技能を評価する方針を明らかにし、TOEFLなど外部の資格検定試験の活用も検討する。

 文部科学省は年内にもまとまる答申を受け、2021年度入試からの新共通テスト導入に向けて制度設計を進める。

  現行の大学入試の英語は「読む・聞く」の2技能に偏っており、日本人が英語を習得できない要因の一つとする指摘は多い。中教審は今回の答申案で学力評価テ ストの英語について「『書く』『話す』も含めた英語力をバランスよく評価する」という考えを初めて明示。評価方法として記述式問題や面接などを例示し、外 部試験の活用も検討課題に含めた。

 文科省は近く、TOEFLや実用英語技能検定(英検)など各試験の主催団体や高校・大学関係者などによる協議会を設置し、各試験の出題傾向や評価基準などを検証する。検証結果を踏まえ、国が独自に学力評価テストの英語の問題を作成するか、外部試験に委ねるかを判断する。

  英語以外の教科では、思考力や判断力をはかるため、複数の教科・科目にまたがって出題する「合教科・科目型」や教科の枠組みにとらわれない「総合型」の問 題を採用する方針を改めて示した。文科省は今後まとまる中教審の答申を踏まえ、試験制度の専門家会議で出題形式をさらに検討し、16年度中に問題例を公 表、17年度にプレテストを実施する。

 2次試験を独自に行っている大学に対しては、受験生の主体性や多様性などを重視し、面接や小論文、集団討論などを通じた多面的な評価に転換するよう提言した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H1H_U4A021C1EA2000/

『ジョジョの奇妙な冒険』で英語を学ぶッ!
『ジョジョの奇妙な冒険』で英語を学ぶッ!

 - 英語全般