オンライン英会話の認知度は約2割、約5割が今後普及すると予測

   

 オンライン英会話サービスの認知度は21.9%で、今後普及すると回答した人は47.2%に上ることが、MMD研究所が7月に実施したオンライン英会話に関する調査結果より明らかになった。認知度が高かった上位5サービスの比較表もまとめている。

 同調査は、20代~50代の男女を対象にインターネット調査を実施し、562人の有効回答を得た。調査期間は7月14日~7月18日。

 英語学習の必要性について、「とても必要だと感じる」32.4%と「やや必要だと感じる」42.5%の計74.9%が必要であると感じている。

20140729_1

しかし、 実際に英語学習を実施している人は32.7%にとどまり、67.3%は「何もしていない」と回答した。

20140729_2

何もしていない理由は、「費用がかかる」がもっとも 高く46.0%、「すぐに学習しなければいけない環境にない」36.5%、「時間がない」34.4%が続いた。

20140729_3

 オンライン英会話サービスの認知度は21.9%で、知っているサービスは「DMM英会話」12.8%、「レアジョブ英会話」9.3%、「産経オンライン英会話」4.3%、「QQイングリッシュ」3.7%、「ラングリッチ」3.2%の順に認知度が高かった。

 今後オンライン英会話サービスが普及するかについて、「普及すると思う」15.7%と「やや普及すると思う」31.5%の計47.2%が普及すると思うと回答した。

20140729_8

 同研究所がまとめたオンライン英会話サービス比較表によると、1レッスンあたりの最安値価格がもっとも安いのは「レアジョブ英会話」133円。子ども向け英会話を実施しているのは「DMM英会話」「レアジョブ英会話」「QQイングリッシュ」となっている。

20140729

 

引用元 http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140917/Resemom_20461.html

 - 英語全般