え!? アメリカでは10人に1人は英語が苦手

   

Statue-of-Liberty

 

米国民はみんな英語が話せるのかと思っていましたが、実はそうでもなかったというお話です。

 米国では生産年齢人口(16歳から64歳)の10人のうち1人近くが、英語力に問題を抱えていることが最近の調査で明らかになった。その数は1980年に比べ2.5倍以上に増えている。英語力に問題があれば職探しが難しくなるほか、生産性の低下などで米経済全体にも影響が出かねないと懸念されている。

 ブルッキングス研究所メトロポリタン政策プログラムがまとめた報告書によると、米国に住む英語力の不十分な人は1920万人で、その3分の2はスペイン語を母国語とする人々だ。しかし、人口に占める英語力に問題のある人の比率を見れば、アジアと太平洋諸国の言語を話す人の方が高いようだ。

 国勢調査局によると、米国では自宅で外国語を話している人が約4500万人に上る。これは16歳~64歳の人口の20%強にあたる。家で外国語を話していても英語力の高い人はこのうちの半数を超えるが、英語に苦労している人は少なくない。

 英語力の不十分な人は大半が大都市圏に住んでいるが、最近では地方都市でも移民が急増。中南米の移民のほか、アジアやアフリカ、中東の避難民なども流入している。

 ロサンゼルスやマイアミでは、英語力の限られた人の割合は約4分の1に上り、グレーターニューヨーク地域でも18%を占めた。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB12033870174369024309904580173511321580750?mod=googlenews_wsjja

なんでも中国の富裕層では、5年以内に海外への移住を考えている人が約半数にものぼるそうですし、今後も英語が苦手な米国民の割合は今後も増加傾向となりそうですね。

 - 英語全般